2014年5月23日金曜日

TS-BSSシリーズをご利用の方へのお知らせです。

TS-BSSシリーズをご利用の方へのお知らせです。

NTS-BSSシリーズは、YOUTUBEでも紹介しているように5機種を配布販売してきましたが、細分化した売買シグナルは混乱を招く場合も多いことからパラメータ設定を検討してきましたが、

1機種だけでほぼ完全なシグナルを得ることのできるパラメータを見つける事ができました。
RISK=9 CountBar=1200 NTS=6 に設定してください。
バージョンによっては名称が異なる場合がありますが、3つしかありませんので、上から順番にと言う事で理解していただけば良いでしょう。
M15からD1まで、売買シグナルとして活用できるパラメータ数値となっています。
少し不安の残る場合は、 3-120-3設定と併用する事も行ってみてください。 人によっては、このシグナルだけで他の指標は何も使わないと言う方もいますので、お試しください。
尚、チャート上のシグナル表示の大きさは、パラメータを呼び出し、(色の設定)画面で矢印の色と(幅)で大きさを変更できますのでお知らせしておきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

為替取引や株取引で儲からない訳

為替取引や株取引で儲からない訳 その理由は簡単です、 証券マンやアナリストの情報しかない事が原因 彼らは、会社の利益を上げるために雇われた、その道のプロ 目的は、会社の利益を上げる事であって 顧客の利益を上げる事ではないのです。 そんなことは無い、顧客をもうけ...