2018年12月24日月曜日

12月24日為替予測速報


◆2018年、年末に向けて為替市場は活発な取引が行われるのか?


◆世界の国々がドルを見捨てて円を信頼し買いまくる時がやってくる!?そうなの?



当分は米中経済戦争が為替市場に与える影響を考慮しながら慎重に進めましょう。


◆ドル円のバランスを見ながらドルと円の対外的動きを見守る事に尽きるでしょう。


日本時間午前0時~午前4時の動きに注目!


◆2018年12月24日~12/29日・・の動きを通貨別に予測・新着順(・) 



◆AUDJPY・前週始値(-----)・今週始値(-78907-) 

現在トレンド指数 --D1△▼-3430 

*短期(・ ~・ )

*中長期(・81389 ~・76050 )



◆EURJPY・前週始値(------)・今週始値(-126180-) 

現在トレンド指数 --D1△▼-1370 

*短期(・ ~・)

*中長期(・129267 ~・125380 )



◆EURUSD・前週始値(----)・今週始値( -113643-) 

現在トレンド指数 --H4△ ▼-310 

*短期(・ ~・ )

*中長期(・113450 ~・112730 )



GBPJPY・前週始値(----)・今週始値(-140370-)
現在トレンド指数 --D1△ ▼-1600 

*短期(・ ~・ )

*中長期(・145730 ~・136100 )



◆USDJPY・前週始値(------)・今週始値(-111150-) 

現在トレンド指数 --H1△ ▼-1353 

*短期(・ ~・ )

*中長期(・110037 ~・108700 )



◆GBPUSD・前週始値(------)・今週始値(-126499-) 

現在トレンド指数 --D1△ ▼-211 

*短期(・ ~・ )

*中長期(・12485 ~・12818 )



◆いずれも分析時点での静的相場見解であり、詳細分析方法は動画を参照してください。


☆2~3の時間軸チャート比較による動的相場判断が原則、指標システムの見直しが必須です。

2018年12月7日金曜日

意図的な相場変動とは何ですか?


意図的な相場変動?それは何を意味していますか?

意図的な相場変動の定義はありませんが、私はそのように名付けています。

為替市場は国際市場である

為替市場は、言わば国家間の経済戦争であり、経済協力の場でもあります。


意図的な相場変動の最たるものは、国家政府による為替介入に代表されるでしょう、
為替介入については、国家間あるいは国際的な取り決めがあるのかも知れませんが
特に研究はしておりません


あくまでも、テクニカル分析の研究の途中で気付いた問題であるとお断りしときます、
続いて、意図的な相場変動では、
噂によれば、国際ファンドグループと呼ばれる人々が為替の世界で活躍しているようです


市場では瞬間的に大幅に上昇して、瞬間的に大幅に下降して元に戻る場合があります。
これは、赤の他人が偶然的にあるいは必念的に引き起こす事はほとんど不可能に近いであろう事から推察できるものです。


特定の人間あるいはグループが意図的に行った売買行動の結果であろうと推察できるのです、
これは、一般的な個人トレーダーの相場判断を大きく迷わせる事になるでしょう、
あるいは、設定した損切を全て決済して取り払う事もあるでしょう。


更に問題点があるとすれば、ほとんどの指標は急激な変動に耐えられないばかりでなく、
その意図的な相場変動を指標データとして取り込むため
その後しばらくは、指標が全く役に立たない、あるいは狂った状態が続くことになります。


この問題をクリアーできるのか?と言う研究も私は進めています、
初心者には魔物のように動く為替相場に見えていたものが
取引経験を積むうちに段々と相場変動がどのようなものか見えてくるようになるでしょう、


しかし、その先にも更なる問題点が待ち構えている・・・それが現実です。

2020年度版チャート分析システムの完成


2020年度版チャート分析システムの完成


◆テクニカル分析研究の目標


それは損切設定の必要のない100%勝率売買法の確立です!


どうやらそれは完成したようです。

◆NTS分析システム2020年度版は、指標群を整理し組合わせる指標数を少なくしました。


☆彡それは必勝取引に有効ですか?・・・YES


◆NTS 8段階-自動HLバンドに代表される、多段階自動ハイローバンドシステム。


☆彡それは必勝取引に有効ですか?・・・YES


◆NTS 多段ASR自動レジサポライン生成プログラムは全時間軸に自動生成表示します。


☆彡それは必勝取引に有効ですか?・・・YES


◆NTS-BS-701,A,B,C,3機種へのバージョンアップが完成しました。


☆彡それは必勝取引に有効ですか?・・・YES


◆NTS-TBS 全時間軸シリーズが完成追加されました。(2018年9月)


☆彡それは必勝取引に有効ですか?・・・YES


◆NTS ライン表示指標システムの限界、それは常に起こります。


◆NTSのADGシリーズは、ライン表示指標を超える相場変動を人工知能システムが秒単位で判断します。


☆彡それは必勝取引に有効ですか?・・・YES


◆FX取引上の多くの人が見逃している注意点


◆分足チャートでは、常にASKラインを表示しておきましょう、


◆スプレッドの異常拡大(120P以上有?)が見えるようにしておくことが必要です・・


◆スプレッド拡大をチャートに表示させない会社もありますのでご注意ください。


◆利益計算ではなく、逆方向に走った場合のポジション損失の計算を優先的に行いましょう、


欲を優先させずに安全を優先する、FX取引の基本です。 

2018年12月3日月曜日

12月3日為替相場速報

国際社会の中のFX業界ニュース(長中期展望)

◆12月3日月曜日、年末に向けて為替市場は活発な取引が行われるのか?



当分は米中経済戦争が為替市場に与える影響を考慮しながら慎重に進めましょう。


◆11月相場変動に異変が起こり始めました!?


ドル円のバランスを見ながらドルと円の対外的動きを見守る事に尽きるでしょう。

日本時間午前0時~午前4時の動きに注目!


◆2018年12月3日~12/10日・・の動きを通貨別に予測・新着順(・)



◆AUDJPY・前週始値(-----)・今週始値(--)

現在トレンド指数 --+1600--

*短期(・ ~・ )

*中長期(・834540 ~・844750 )



◆EURJPY・前週始値(------)・今週始値(--)

現在トレンド指数 --00--

*短期(・ ~・)

*中長期(・128472 ~・129267 )



◆EURUSD・前週始値(--+90--)・今週始値( --)

現在トレンド指数 ----

*短期(・11308 ~・11398 )

*中長期(・11275 ~・11419 )



GBPJPY・前週始値(----)・今週始値(--)
現在トレンド指数 --+20--

*短期(・144616 ~・145205 )

*中長期(・144360 ~・145804 )



◆USDJPY・前週始値(------)・今週始値(--)

現在トレンド指数 ---94--

*短期(・113235 ~・113757 )

*中長期(・112752 ~・114013 )



◆いずれも分析時点での静的相場見解であり、詳細分析方法は動画を参照してください。


☆2~3の時間軸チャート比較による動的相場判断が原則、指標システムの見直しが必須です。

2019-1月7日・為替相場速報

◆”時は金なり”2019年、今年の日本経済は?国際経済は? ◆日本国の社会秩序が大変動する時がやってくる!?そうなの? ◆ 米中経済戦争が為替市場に与える影響を考慮しながら慎重に進めましょう。 ◆ドル円のバランスを見ながらドルと円の対外的動きを見守る事に尽きるでしょう。 ◆...