2018年8月2日木曜日

移動平均線は時代遅れの指標

移動平均線は時代遅れの指標

FX取引の分析ツールとして使用されてきた移動平均線

昔、昔、為替取引が公開市場となった初期の時代
ダリルガッピーと言う人が、移動平均線を組み合わせたGMMAラインを発明
巨万の富を築いたという伝説は有名です。


現在でも、FX取引関連の記事や情報にもふんだんに出てくる移動平均線ですが、
私の意見では、移動平均線は時代遅れ・・・これは私の動画でもご案内していますが、

分析ツールとして、反応が遅すぎる

少なくても5本10本のローソクが完成するまで、分析結果を読み取ることができません
それは、1分足では5分10分ですが、1時間足では、
5時間10時間を意味しています。

移動平均線より早く分析結果を正確にだせる分析方法を、世界中の人々が使えば、
移動平均線による分析トレードは、もはや過去の遺物であり、
他人のトレード結果を、お尻を追いかけるだけの負けトレードの連続となるでしょう。

動画でもご紹介している通りに、NTSロジックによる、スーパーASRラインは、
移動平均線よりも早く、正確にローソクの動きを読み取ることができます。

たった1本のラインからスタートしたASRラインですが、
研究の結果から、ASRラインによるバンド生成ロジックが、分析に非常に有効である事が実証されてきました。

これからのFXチャート分析には、NTSのASRライン、ASRバンドが欠かせなくなるでしょう。

最新の開発状況は、ASRロジックを使用した、矢印指標、数値指標にまで発展しました。
結果を出すのはこれからですが、
誰よも早くポジションを確保、誰よりも早く利益約定、FX取引の基本であり、理想でもあります。

是非、ご期待ください。

2019-1月7日・為替相場速報

◆”時は金なり”2019年、今年の日本経済は?国際経済は? ◆日本国の社会秩序が大変動する時がやってくる!?そうなの? ◆ 米中経済戦争が為替市場に与える影響を考慮しながら慎重に進めましょう。 ◆ドル円のバランスを見ながらドルと円の対外的動きを見守る事に尽きるでしょう。 ◆...