2014年7月6日日曜日

最新の4Bシリーズ情報をお伝えします。

:arrow: 最新の4Bシリーズ情報をお伝えします。

:roll: 4Bシリーズは、NTSの取引部門でも使用しており、常にトレーダーによる使い勝手や成績との照合が行われていますので、 パラメータの微調整を行ったり、表示の方法を変更したりしながら、 取引結果をより向上させる工夫が常に行われています。

6月のプログラム会議により、4Bシリーズは7機種を組み合わせたシステムとして再認識されました。

最初の3機種により、相場変動の初期状態を計測監視しながら、同時に中期的な相場と長期的な相場を計測監視するシステムとしては、 最高のパフォーマンスを発揮するように組み合わせを偏向しました。

それは同時に、小さな変動振幅、中程度の変動振幅、大きな変動振幅を無段階で計測することを意味します。 そして、その事はMT4の時間軸を切り替える事によって、より大幅な相場変動までのデータを無理なく受け止める事ができるのです。

NTSの解析システムは、全体的に相場を精査するための計測監視を行うだけでなく、 画像表示や画像処理の分野からも考慮した設計となっているため、 全体的に見やすく、誰でも簡単に分析結果を引き出す事ができます。

そのため、全くのFX取引初心者に対する講習会でも使用され、 意味が理解しやすく早くできると非常に好評なのです。

エントリーに際しては、必ず全ての時間軸を見ることを義務付けることによって、 相場変動要素を見逃すことはありません、それは同時に手仕舞い時期についても同じ意味を持っています。

特に注目しなければならない部分は、当然、他の指標と同様に現在進行中のローソクの最先端部分です。 相場変動の最先端において4Bシリーズが、どのように計測し反応しているのか?

全ての時間軸において、高値の動きと安値の動きの一覧が示されます、 相場判断でもっとも重要な、こうなったらこの先はこうなる・・・と言う予測が、 他の指標に比べて早く確実に行われます。

それは、他の指標に見られるような単なる過去価格や平均値に対するパーセンテージ等ではなく、 実際の相場変動を基本計算とした実勢価格パーセンテージを表示する事にあるでしょう。

デイリーピボットやリトレースによる%表示とは格段に現実性において優れていると言えます。

問題点があるとすれば、それは貴方の使いこなしの程度の問題のみとなります、 いくつかの4Bシリーズによる分析ケースを学ぶ事によって、 貴方の相場判断の狂いは徐々に改善されていく事でしょう。

現在のFX相場の状況は、デイトレードにとっては非常に厳しい相場変動の状況であると分析していますが、 だからこそ、短期的な予測だけでなく、中期的な予測や長期的な予測を含めた、 総合的な相場の分析方法を高度化する事が、全てのトレーダーに求められています。

FX取引では、相場分析の落伍者は常に資産を失う方向に進み続け、 相場分析の成功者は常に資産を増やす方向に向かって突き進む事ができますので、 チャート分析をしっかり学び、 同時に突然出現する予期できない巨大な投資や巨大な決算による巨大な相場変動に備えるトレードスタイルが求められます。

今回の変更の要点は、 初期段階の相場分析には、細線と点線を使用し、中期と長期分析は徐々に太線とした部分です、 細いラインで直近の相場変動を、太いラインでより大きな過去の相場と現在の相場を比較する事ができます。

以上のような多岐にわたる分析能力を備えたAyana4Bシリーズを、手にして、 使い慣れた分析ツールとして活用していただきたいと願っています。

時として、全ての分野における開発者のプログラムは、 開発者でさえ気づかなかった副産物を生み出す事があります、 そういった観点からも貴方の使用レポートは重要で大切なのです。

是非、詳細な使用レポートを事務局まで送付する事をためらわないで下さい。

NTS-FOREX

11月12日からの為替動向速報

◆11月12日月曜日、年末に向けて為替市場は活発な取引が行われるのか? ◆ 当分は米中経済戦争が為替市場に与える影響を考慮しながら慎重に進めましょう。 先週は対円通貨では円安攻勢でしたが週末に反転し落ち着きました、 今週は一気に下降するのか、しばらく警戒感を持って取引に臨む...