2014年7月7日月曜日

FXチャートを解析するための概念と結論

◆FXチャートを解析するための概念

FX取引に当たり必要となる情報には、ファンダメンタルズ要素である国際情勢とか、 それぞれの国の金融政策、貿易収支、雇用統計等の情報が投資家の思惑に影響して、期待感や不安感が入り混じって、 投資行動を左右すると言う分析がなされています。

次に株式市場とFX市場の関係をFX取引の判断に持ち込もうと言う意見もあるようなのですが、 そのような情報を得たとしても、その情報をどのように取引に活かすのか? と言う問題点については、それが期待感、不安感、憶測を含むものなので、 何時?何処で?何が起こるのか?を特定する確実な決め手とはならないと思われます。

FX取引の確実性の面から見れば、やはりFXチャートのテクニカル分析の分野に委ねるしか方法は無いと言えます。

そのため、多くのトレーダーは、あらゆるチャート分析を試みるために、 数多くの分析ツールである指標(Indicator)を開発してきました。

貴方も、おそらく何かの指標を使ってチャートを分析しながら取引を進める事でしょう。

そして指標を使い研究を進める時点で多くの問題点を見出す事でしょう、 それは自分の資産に直接影響するので重要で深刻な問題です。

ほとんどの指標プログラムが抱えている問題点は、 FX相場の全体的な流れを総合的に分析するには、被分析物体の情報が余りにも巨大すぎて、 どの時点をどのように捉えて取引の資料とするのか、指針とするのかが焦点となります。

MT4では9つの時間軸に分割して相場変動を表示する方法が取られているのですが、 それは、秒単位の相場変動から10年単位の相場変動までを表示するための手段ですから良い方法と言えるでしょう。

それでは自分が実際の取引で利益を生み出すための時間軸はどれが良いのか?

最初のトレーダーに取って難解な問題が、この時間軸の問題であり、 ここで取引を制限されたり、ストップをかけられたり、口座を破産させられたりします。

そこで分かる事は、一つの時間軸だけで相場を判断しても正確な答えは得られない事に気づくでしょう。 複数の時間軸チャートを見比べて、総合的に相場を判断しなければならないと言う問題です。

ここを基点にして、ほとんどのトレーダーは二手に分かれます、 総合的な相場判断と言う事に対して、ある程度の理解と分析方法を確立できる人と、 どうしてもそれが理解できないとか、迷うばかりで結論を見出せない人に分かれるのです。

この問題の解決方法の一つとして、MultiTimeFrame仕様の指標プログラムが用いられます。 複数の時間軸チャートの指標情報を取り込んで表示させる指標プログラムです。

MTF仕様の指標プログラムについての情報もネットで検索すれば出てきますので、 研究する価値は十分にあるでしょう。

NTSでも、MTF仕様の指標プログラムについては数多くの試行錯誤を繰り返してきました。 実はMTF仕様とは言っても、2つの流れがあります。

一つは単に、D1チャートの指標を、そのままM15チャートに移しこんで見る単純MTFとでも呼べるような手法として、 D1ピボットを、そのままM15チャートで表示させたり、時間的な計算を単にM15に移行する方法です。

もう一つは例えば、M15チャートの指標プログラムを組み立てる時点で、 D1チャートで起こる指標に有効なデータをM15指標の内部プログラムで組み込む手法です。

NTSの指標プログラム目標は、 自動的に複数の時間軸を総合的に計算して表示するシステム System to calculate and display the overall time axis of the plurality of automatically

つまり、M15チャートの指標だけれど、その他の複数の時間軸の指標データを織り込む事により、 M15チャートを見るだけで、全ての時間軸チャートの情勢や相場データを表示できれば、 いちいち他の時間軸に切り替える必要はなくなります。

ここに発表している、NTS-Ayana-4Bシステムは、そのような目的で組み立てられた、 Automatic-Multiple-Time-Axis-Synthetic-Calculation-Dispay-System なのです。

このシステムの機能は、それだけでなく、全ての時間軸でパラメータの変更なしで本来の機能を発揮します、 この事は、トレーダーの売買スタイルの全てをカバーする指標システムなのだと言うことです。

分単位の投資、時間単位の投資、日単位の投資、週単位の投資、月単位の投資、年単位の投資、 これらの全ての投資スタイルを的確に指標します。

残る問題点は、この指標を手にしたトレーダーがどの程度この指標を理解し能力を発揮できるかどうかに関わります。 もちろんこの問題は、わずかの期間サポートを確実に実行する事により克服できるものです。

そのため、このシステムをご利用の方には、常にサポートの窓口を開いています。 是非、ご利用下さい。

NTSテクニカルセンター

移動平均線は時代遅れの指標

移動平均線は時代遅れの指標 F X取引の分析ツール として使用されてきた 移動平均線 昔、昔、為替取引が公開市場となった初期の時代 ダリルガッピー と言う人が、移動平均線を組み合わせたGMMAラインを発明 巨万の富を築いたという伝説は有名です。 現在でも、 F...