2014年4月1日火曜日

■NTS-FEOS教修課程20140401号

■NTS-FEOS教修課程20140401号
今回はGBPUSDについての解説と予測方法についてになります。

◆まず最初にGBPUSDのMN時間軸を見てください。 価格は1.66560付近にあります、画面の中央より少し下の位置にあるのですが、B104、B304、ラインの上端に達しており、 MACD7は左から2個が下向き、その他は上向きと表示しています。 現在の価格は、200908月、2011年5月に上昇から下降に反転した位置になっている事が見えるでしょう。

◆続いて、W1時間軸に移ります。 ここでは、MACD7のシグナルに変化はありませんが、価格はB1204、B2404上端ラインに達して少し下がった地点に価格があります。 4週間下降して2週間上昇しているローソクを見る事ができるでしょう。 BSS01、BSS03、が下降を指標していますので記憶しておき、B104の白色実線が横ばいになっている事を確認してください。

◆続いてD1時間軸を見ます。 ここではB104に挟まれた価格変動で6日間の上昇で7日目に差し掛かったところです。 すぐ上にはB1204、B2404ラインがありますから、上昇する場合でも、それほど大幅な上昇は見込めないと判断します。

◆続いてH4時間軸です、ここではB604の実線と太線が合流した後、少し上昇した後に3本目の下降ローソクを見ることができます。 MACD7のM1、M5、の下降シグナルはここH4チャートまで進んできている事が見て取れるでしょう。 それを検証するためには、H1チャートを見れば解ります。

◆H1時間軸でも、B1204、B2404、ラインによって価格反転が起こっている事が読み取れます。 すでに8時間の下降が連続している事を読み取ってください。

◆続いてM15時間軸です、ここではB2404ラインで反転した相場は4グリッド下降してきている様子が見えます。 上からはB104の2回目のラインが下がって来ています、下からはB104ラインが折れてB304ラインを押し下げようとする場面となっています。 ここはBSS01、BSS03、BSS05、の下降シグナルが有効ですので、【売り】場面と判断する事が正しいでしょう。

◆今後の成り行きは、上側にあるB104ラインと下側のB304ラインのバランスを見ていく事になります。 現在は下のB604ラインが現れていませんが、時間が経過するとB604ラインが上昇して来るでしょう。

◆売りを実行した場合には、上のB104太い線、1.66670付近が損切ラインとする事が適切でしょう。 利確ラインは現在時点では設定する必要性はありませんが、M15での前回上昇幅の2分の一、1.66470辺りに設定して置くことをお勧めします。

チャート画面から離れる場合には、利確ラインも設定しておいた方が確実に利益を取り込む事ができます。 下降トレンドは早い(Fast)ですから設定しておくと言う事です。

チャートを数分間から1時間程度で見ることができる状況であれば、次のBSS03、BSS05の上昇シグナルが出るまで放置しておく事もできます。

説明は全てNTS2014システムによりますので、持って居ない場合はお早めにお買い求め下さい。

http://forex.ryuuguu.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿

為替取引や株取引で儲からない訳

為替取引や株取引で儲からない訳 その理由は簡単です、 証券マンやアナリストの情報しかない事が原因 彼らは、会社の利益を上げるために雇われた、その道のプロ 目的は、会社の利益を上げる事であって 顧客の利益を上げる事ではないのです。 そんなことは無い、顧客をもうけ...