2014年4月8日火曜日

◆明日2014年4月7日からの1週間程度の相場動向です。

これは本部サイトのニュースを転載したものです。

◆明日2014年4月7日からの1週間程度の相場動向です。

USDJPYの現在の価格(停止中)は、103.271となっています。 金曜日には、104.117の高値をつけた後に下落して、少し反発する場面となっていますが、指標は依然として下降を指標しています。

できれば、この下降に対する反発が終了してから売りエントリーしたいものです。

現在の状況で売りエントリーした場合には、SL103.701に対しては、102.848あたりが適切な設定でしょう。

◆後記◆

4月8日18:48に見たところ見事に利確していました!(103.271-102.848=423) 次の段階は下に予測していましたが、現在時点では変化していますので説明すると、すでにH1チャートでは下の表示限界点にきているのでH4チャートに切り替えます。

何が知りたいのか?それは右端のローソクが今後どうなるのか?ですね。 このような場合には、ローソクに直接接触してくる指標を追加します、B2404、B1204、B904、B604、B304、追加するとチャート全体に多くのラインが表示されますが、過去は見る必要はありません、

ローソクはB304の太線に差し掛かっている事がわかり、更に下降する指標となっていますから、次の段階はB604のラインである事が解ります。

現在時点で売りエントリーするのであれば、利確目標はB604ラインとし、同じ幅の損切を設定すればOKです。

◆ここまで追記◆

あるいは、SL104.553に対して101.357辺りの幅でも問題無いでしょう、月曜日1日の動きを見て修正する事にしましょう。

◆明日は朝早くから予定が入ったためパソコンを見れるのはお昼ごろになりますので、一応の目安を書いておきます。

それでは皆様良いトレード週になるように頑張ってください。


一分足チャートで相場の全てを読み取る取引方法の完結

1分足チャートで相場の全てを読み取り なお且つ、完全な取引を進める売買手法 それでは、その手順を説明しましょう。 ◆1分足チャートに、1時間、4時間、24時間、のラインを描きます。 それはMAでも、EMAでも、上記時間区切りの平均価格、高値、安値、が判別できる...