2014年9月21日日曜日

FX取引技術で重要なものとは?

◆FX取引技術の何が欲しいのか?

FX取引に関する情報はネット上にいくらでもありますし、YouTube動画でも無数にあるのですが、

それらを学習する事によって何が得られるのか?何が得られたのか?それが問題です。

つまり、取引に勝ち進むためのスキルが得られたのであれば、目的は達成した事になるのですが、そうでない場合には、そこで何が問題なのかを考える必要があるでしょう。

それらの問題点とは、教える情報が間違っている、情報は正しいが理解が足りない、・・・のように分類する必要があります。



◆私も時々は、そういった取引に関する情報を見ることがありますが、そこで感じることは、

テクニカル分析の方法を詳しく解説するものを分析してみると、テクニカル分析の理論的なものと、手法的なものが混在して説明されているので、

初心者には特に理解し難い解説となっている場合が多いと思います。

基本的な分析の理論はここまでであり、その理論に沿って売買を行うには、このような方法がある、

と言うような説明がついていると理解しやすくなるのではないかと考えたりするのです。

自分がすらすらとできるものでも、他人にそれを説明するには簡単ではありません、それが複雑な技術や手法を組み合わせたものであれば尚更の事でしょう。



◆FX取引は動く相場、動くチャートの中で行われる技術なので、説明するにも簡単ではないのです。

それを静止画像で説明すると、なるほど簡単だと思ってしまう部分もあるのですが、

実際の取引になると理解していたはずのスキルを活かすことができない場合がほとんどです。

例えば、ボリンジャーバンドがこのような場合に、このラインを引いて、こうなったらエントリーします、

それでは、そのときに確実に利益となるラインは、価格はいくらですか?それは・・・・・ケースバイケースです!


◆このような取引例を1000回学習したところで、同じ相場パターンがどれだけの頻度で出現するのでしょうか?年に1度だったら?

FX取引の技術は、相場変動に伴う、瞬間瞬間のスキルなので相場パターンを数多く覚えることも有効なのかもしれませんが、

1年前に学習した相場パターンを瞬時に思い出して行動する事が、できるのかどうかと言う事と、

そのような学習方法が果たして効率的な学習と言えるのかと言う事でも疑問が残ります。



◆理想的には、このような場合には買いエントリーし、利益はここまで、損きりはここまで、と言うように、

エントリーから手仕舞いまでをセットにした取引スキルの学習が最も理解しやすく、同時に効率的でもあると考えられます。

一般的には、買い時がきたら買い、次の売り時が買いの手仕舞い時だと説明すれば簡単なのですが、実際の相場変動はそのような単純なものではありません、

理論的には、買い時に買い、そのポジションは次の売り時まで保持して、買いポジションを手仕舞いすると同時に売りポジションを取る、

そうすれば、相場変動のピークからピークを、行ったり来たりしながら永久に利益を取り続ける事ができるのですが、言うほど簡単ではありませんし、

理論としては成り立っても現実には、それが成功する確率などほとんど無いと言っても良いでしょう。



◆以上のような事を考察していくと、2つの大きな問題を整理しておく事が必要です。

一つは、チャートの時間軸についての問題点を良く理解しなければならない、時間軸における分析の限界点を考える、

もう一つの大きな問題は、取引ロット数を考える、取引ロット数の限界と分析結果に応じた臨機応変な取引ロット数を考える、

この2点に絞って、貴方のFX取引の考え方や姿勢を見直してみると言うのはどうでしょうか?



◆例えば、分析結果が疑わしい場合や自信の無い場合、あるいは時間を待機するためのエントリーがあるとすれば、それも含めて0.01ロットを守り、

ほとんど間違いないと思われる分析結果に対しては、0.02ロットを守って取引を進めます、

そうしている内に、大きくて早いトレンド相場が起こった場合には、0.05ロットで大きな利益を狙う、

このように3段階程度にエントリーの法則を作っておく方法を考えてみて下さい。

0.01ロットは、私が良く利用するロット数です、これなら損きりを設定する必要もありませんし、

ターミナルの数値を見るだけで、その通貨のデジタル数値の指標として利用できるからです。



◆現在のNTS会員向けに支給している指標システムにもデジタル指標である2SG8を組み込んでありますが、

これは、8つの時間軸に浸透していく上昇の気配や下降の気配を感じるように設計してありますから、

丁度、どの取引プラットフォームでも採用している【気配値表示】を8段階に積み重ねたものだと理解して頂けばよいでしょう。

テクニカル分析に必要なのは、分析する角度や数式を変えた複数の指標を用いること、

同じように、分析する感度を変えた複数の指標を組合わせる事、これが正確な分析結果を得るに必要な条件ではないかと考えています。

これらの分析に必要な条件を全て集結した、NTSのテクニカル分析システムを使いこなせるまで、

取引練習をつんで、貴方のFX取引ライフを充実したものとして完成させましょう。

11月12日からの為替動向速報

◆11月12日月曜日、年末に向けて為替市場は活発な取引が行われるのか? ◆ 当分は米中経済戦争が為替市場に与える影響を考慮しながら慎重に進めましょう。 先週は対円通貨では円安攻勢でしたが週末に反転し落ち着きました、 今週は一気に下降するのか、しばらく警戒感を持って取引に臨む...