2015年1月5日月曜日

◆2015年1月5日FX市場が開幕しました。USDCHF買いからスタート!

◆2015年1月5日FX市場が開幕しました。

2日の相場で持ち越していたポジションも3つが無事に利益を取り込み、これから相場判断に映ります。

月曜日の場合は、先週のポジションを持っている場合には、そのポジションに対する反省や今後の方針について検討しましょう。

ほとんどの場合、先週の取引終了時点で、自分の取引サーバー以外が稼動しているので、月曜日にはローソクが飛んだ状態で開始するでしょう。

今回は予測通りに利益になって居ましたが、損金方向に移動している場合もある訳です、月曜日には保持しているポジションについて詳細に精査する事から始めるのは当然の事なのです。

通常は月曜日の朝から、市場が活気付き盛んに売買が進行する相場が変動する事は期待できませんし、

之までとは全く違った相場展開になる可能性もある訳ですから、まずはチャートをじっくりと見て、指標の状態を確認して、数時間は変動の経過を見守る方が無難と言えるでしょう。

JPY関連はほとんどが下降指標で始まりました、またEURUSD、AUDUSD、GBPUSD,も下降相場全開の指標となっていますが、相場がチャートの下端又は上端に達している場合は、どの時間軸であれ警戒態勢で相場判断を行う必要があります。

同時に現在の相場が、できるだけチャートの中央に位置する時間軸でしっかり指標を確認する必要もあるのです。

相場によっては、W1チャートやMNチャートでしか見ることのできない相場もありますので、NTSのテクニカル指標分析の方法を動画でしっかり確認しておいて下さい。

D1、W1、MN、時間軸で指標するツールはほとんど無いと言っても良いのですが、NTSの指標にはそれらも用意していますので相場判断は容易となるでしょう。

先ほど大きく利益をもたらしたUSDCHFは、当分の間、上昇を見込んでいますので、資金に余裕があれば買いエントリーしておく事をお勧めします。

為替速報10月22日版

◆10月22日月曜日、年末に向けて為替市場は活発な取引が行われるのか? ◆ 当分は米中経済戦争が為替市場に与える影響を考慮しながら慎重に進めましょう。 ◆2018年10月22日~27日・・の動きを通貨別に予測・新着順(・)  ◆AUDJPY・前週始値(79706)・今週始値(8...