2017年8月20日日曜日

FX取引をするための基本的な体制は整っていますか?

◆FX取引を進めるに当たっての基本体制


FX取引を順調に進めるためには、いくつかの基本的な条件をそろえる事が重要だと思います。

◆1、取引システム(プラットフォーム)の理解と整備
自分が取引するプラットフォームについての理解度は、取引結果に直接反映されるので重要なのです。
MT4の場合では、9つの時間軸チャートがあり、それを切り替えて相場変動を分析する事が第一番目に挙げれらます。
いくつかの時間軸チャートを並べて同時に比較する作業は、相場分析に非常に有効ですが、
同時に、お金を投資するシステムで有りポジションを保有すれば、刻々と金額が変化する中で取引を進めるので、
できれば、故障に備えて2台以上のパソコンを用意する事が望ましいでしょう。
2、取引チャートを何画面表示するのかという問題が解決したら、
次の段階では、相場分析のための指標システム、分析システムの整備について考えてみましょう。
私の場合には、取引を効率化するために、中心価格(アベレージ)と高値アベレージ、安値アベレージの、
3点監視による相場分析を行う事にしています。
中心価格による売買判断、高値と安値による売買判断、どちらでも可能な分析システムを構築しています。
それに加えて、複数時間軸での同時比較が加わる事により、より緻密で計画的な売買実行が可能となるでしょう。
3、分析システムに多様性を持たせる、
これはどういうことかと言いますと、相場変動には通貨により異なる変動パターンが見られます、
このことは、すべての通貨を同じ指標で判断する事の困難を物語っているのです。
高値と安値の移動平均を8段階で監視する事により、それらの移動パターンを瞬時に判断できる体制が必要だと考えます、
そのため、8段階のパラメータを、それぞれ別々に設定する、8段階一括で設定する、4段階と4段階に分離して一括設定する、
同じHLバンドでも、この3つの設定方式をそろえていて、順次切り替える事により、
素早く的確な相場分析ができるようにシステムを整備しています。
4、最後に取引の基本態勢の中に、取引する人間のメンタル部分が追加されます。
相場分析システムが如何に優れていようと、売買を実行する人間が、
精神的に不安定で有ったり、悩みを抱えていたり、お酒によっぱらっていては問題があります。
常に安定した判断と操作が要求される現場では、取引を実行する人のメンタル整備は欠かせない問題であろうと思います。

一分足チャートで相場の全てを読み取る取引方法の完結

1分足チャートで相場の全てを読み取り なお且つ、完全な取引を進める売買手法 それでは、その手順を説明しましょう。 ◆1分足チャートに、1時間、4時間、24時間、のラインを描きます。 それはMAでも、EMAでも、上記時間区切りの平均価格、高値、安値、が判別できる...