2014年12月30日火曜日

新しい考え方の指標システムとは?

014年度の指標開発を終了して要点をまとめてみました。

全ての指標が過去の相場変動データからラインを描き、シグナルを発生させる事に終始していますが、果たしてそれらの指標から今後の価格変動を予測するための確実な情報が得られるのでしょうか。

そうかと言って神がかりな占いをしたところで、それも余り信用できないのではないかと思われます。

指標を開発するに当たって、過去の相場変動にできるだけ依存しないで未来志向の指標が出来ないものかと考えるのは開発者として当然の考えであろうと思われます。

場合によっては、できるだけ多くの過去データが必要だとする考え方もあるでしょうし、
その場合は過去5年とか10年のデータを整理したのだという事が自慢になるかもわかりません。

私の場合は、過去のデータはあくまでも参考データであって今後の相場予測に有効であるとか、
過去に決定的な相場を予測できるものが潜んでいるという考え方を持っていません。

未来の相場予測を決定的に確実にするためには何が必要なのか?過去データに固執せずに、
占い的なものに頼らずに予測を確実化するにはどうすれば良いのか?その一点だけが焦点です。

技術的には、アリゲータのようにshiftを前にずらす事で表示は確かに前方に異動させる事はできますが、
それもただの気休めに過ぎないと思えます。

年末を控えて、最近新しい考え方を盛り込んだ新しい指標システムを完成させ現在運用していますが非常に好調です。

MetaTrader4の指数や関数を分解して組み立てなおす事で得られる
時間軸の無い連続した価格変動データを使用した指標の完成です。

この指標システムについては来年年明け早々に内容を公開する予定としていますのでご期待下さい。

読者の皆様、会員の皆様2014年は大変お世話になり有難うございました、良いお年をお迎え下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

為替取引や株取引で儲からない訳

為替取引や株取引で儲からない訳 その理由は簡単です、 証券マンやアナリストの情報しかない事が原因 彼らは、会社の利益を上げるために雇われた、その道のプロ 目的は、会社の利益を上げる事であって 顧客の利益を上げる事ではないのです。 そんなことは無い、顧客をもうけ...