2016年9月20日火曜日

◆新しいデジタル指標の開発、2016年9月20日

◆新しいデジタル指標の開発、2016年9月20日

それは、相場変動の振幅の最大幅を利益とすることを目的にしています。


一般的な指標では、価格変動の平均値を算出し、その結果を再計算して指標する仕組みなので、どうしても本来の相場変動振幅の最大値を計測すると遅れが出てきます。


つまり、本当の価格反転が起こってからしばらく時間が経過してから、その事実を判断できるという事です。


その欠点を補完するための完全な指標の開発に取り組んできたのですが、今回完成した2機種のデジタル指標を追加する事によって、
価格反転の瞬間をとらえて売買を実行し、最大振幅で利益を取り込むことに成功しました。


◆NTS開発の従来のデジタル指標では、相場変動の全体を16段階に評価しデジタル数値で分析する方式としていましたが、


今回のデジタル指標では、High&Lowバンド指標の特徴を正確に取り入れると共に、それぞれの時間軸の移動平均値をバンド価格と現在価格との乖離値とを合成する事によって数値を決定します。


その結果、相場の移動方向に対しての小さな戻り、あるいは中程度の戻りを確実に判別できるようになりました。


この指標は単独で使用する事も可能ですが、ラインバンド指標、ボリンジャーバンド等と組み合わせることによって、line指標見えない部分を完全に補完してくれます。

NTS-DGH-BSS及び NTS-DGL-BSSの2機種になります。

一分足チャートで相場の全てを読み取る取引方法の完結

1分足チャートで相場の全てを読み取り なお且つ、完全な取引を進める売買手法 それでは、その手順を説明しましょう。 ◆1分足チャートに、1時間、4時間、24時間、のラインを描きます。 それはMAでも、EMAでも、上記時間区切りの平均価格、高値、安値、が判別できる...