2015年8月26日水曜日

株価と為替・テクニカル分析設計指針

◆テレビでは中国の影響による株価の変動が伝えられていますね、為替にも当然影響が出てくるのでしょうが、株価は会社経営に関するものであり、為替は国家経営に関係するものです。


◆共通して言える事は、変動が起こった後で知らされても何の役にも立たないと言う事です、株価の変動や為替の変動を事前に知る、この問題に絡んで株ではインサイダー情報とか会社経営に直接関連する情報などが取りざたされます。


◆為替に対しても、ファンダメンタル情報として国債金利情報とか雇用統計などが取りざたされるのですが、テクニカル分析以外の情報による価格変動がどの程度のものなのか、あるいはその変動の方向は?などを考える必要がありますので簡単ではないようです。


◆テクニカル分析分野で、他人より早く変動を予測すると言う問題に取り組婿とを考えて見ました、その一つの方法として、一般的には世界共通の時間によって変動が始まったり止まったりする事から、分析の時間を少し前にずらしてみる方法を取ります。


◆1時間単位の時間感覚を50分に変更すれば、他の指標よりも10分早く価格変動のパターンを見ることができるでしょう、他人より10分早く価格変動の折り返し地点を知ったり特定できると有利である事は誰にでも理解できるのではないでしょうか?


◆NTSでは、早くからこの理論を取り入れた指標設計を行っていますが、貴方が指標の設計に携わっているならこのことを考えてみたらいかがでしょうか?


NTS-FOREX  濵田政徳







為替速報10月22日版

◆10月22日月曜日、年末に向けて為替市場は活発な取引が行われるのか? ◆ 当分は米中経済戦争が為替市場に与える影響を考慮しながら慎重に進めましょう。 ◆2018年10月22日~27日・・の動きを通貨別に予測・新着順(・)  ◆AUDJPY・前週始値(79706)・今週始値(8...