2015年4月1日水曜日

◆定年から始めるFX取引成功への道(4月1日号)

◆定年から始めるFX取引成功への道(4月1日号)

このブログでは、FXを始めるに当たっての必要な情報ををお届けしています。

世界中の金融関係の会社も他の事業者と同じように顧客を欲しがって居ます。
銀行も証券会社も金融セミナー等を開催して、顧客を獲得する作戦を展開しているのです。

これらの金融機関も含めて世界中のFX会社もインターネットを使った宣伝を展開している事はご存知でしょう。

ここで貴方がインターネットの情報を、消費者として利用しているのか、それとも会社の経営者あるいはビジネスの対象として、
インターネットを利用しているのかによって、見方は逆になると言う事を考えてみて下さい。

例えば貴方が、楽天やAmazonで買い物をしたとしますと、
貴方がクリックした商品の画像や商品のお勧め情報を作成した持ち主は、宣伝したコミッションを頂く事ができます。
つまり、インターネットに表示されている情報には全て仕掛けがしてあると言う事です。

宣伝コミッションを頂くのは、Yahooの会社であったり、Googleの会社であったり、宣伝を請け負った会社や個人です。

◆これらは全ての企業が顧客を獲得するための宣伝手段として利用され、
かっては、携帯電話契約を宣伝する会社や個人にも、顧客の通話料から報酬が支払われる制度は、ビジネスを行う人々の周知の事実です。

FX会社のインターネットの宣伝の99%以上は、そのような形態で宣伝されているものですし、
ポイントとか、キャッシュバックなども、顧客が支払うお金の中から支払われるので会社の慈善事業ではありません。

そういった会社の経費までも顧客が負担している、させられている事は全ての事業、ビジネスで当たり前の事ですから容認しなければならないでしょう。
その顧客負担が会社によって大きいか小さいかの違いは、その会社の経営姿勢ですから、会社を選ぶ必要はあるかも知れません。

FX取引の場合は、負担の大きい会社であろうが、キャッシュバックがあろうとなかろうと、取引で利益を上げて勝てば良いのです。
おいしい話や仕組みには必ず裏があります、
中には他人より多くの負担金を支払いながらキャッシュバックに喜びながら破産していくトレーダーも多いのです。

◆株やFXのセミナー、技術情報は、このような例もありますよ・・・と言う意味しかありませんから、
実際の投資や取引に当たっては、自分自身の頭脳と行動で利益がだせるような訓練を行う事が尤も重要となります。

つまり、FX取引で利益をあげるためには、表面上の理論ではなく、FX職人としての技術や技が必要だと言う事になります。
優秀な職人になるには、優秀な道具と訓練が欠かせません。

それができない、したくない場合には最初からFX取引は諦めたほうが良いでしょう。

しかし、努力をしてでもFX取引に取り組みたい人の為にNTS-FOREXでは、
FX取引の職人として成功するための道具や、道具を使う技術をご紹介する動画を作成し一般公開しています。



これらの動画は将来、チャンネル登録者のみが閲覧できるようにする、
あるいは会員のみ閲覧できるように制限する予定ですので、ぜひチャンネル登録して詳細をご覧下さい。

11月12日からの為替動向速報

◆11月12日月曜日、年末に向けて為替市場は活発な取引が行われるのか? ◆ 当分は米中経済戦争が為替市場に与える影響を考慮しながら慎重に進めましょう。 先週は対円通貨では円安攻勢でしたが週末に反転し落ち着きました、 今週は一気に下降するのか、しばらく警戒感を持って取引に臨む...