2014年10月26日日曜日

◆今回YouTubeにアップした動画はご覧になりましたか? これはマルチバンドシステムです。

◆今回YouTubeにアップした動画はご覧になりましたか?
これはマルチバンドシステムです。


基準Periodを指定し、追随するバンドの間隔を指定すると自動的に8バンドラインを表示します、
一般的にMT4では1プログラムでは8本のラインしか表示する事ができません、そのため今回のプログラムでは、
バンドラインの高値だけを8本表示するタイプと、安値だけを8本表示するタイプに分割して、それぞれ5機種を作成しました。


そのため、全ての機種をチャートに投入する場合には、高値40段階安値40段階のラインを得る事ができます。
その表示状態を動画にしてアップしたのですが、ラインに点線を使用しているため見づらいと思いますので、詳細を見るには、画面を最大化してご覧下さい。


40段階ものHLバンドを並べて何がわかるの?
そう思いながら見たか方も多いのではないでしょうか、その問題はラインを移動平均線と比較して考えていただくと判りやすいでしょう。
一般的な移動平均線は、価格の中心線を表示し続けますが、このシステムでは、同じ移動平均でも、高値と安値だけの移動平均線です。


高値と安値の動きをずっと観察し続けると面白いことがいくつもわかってきます。
高値だけが変化したり、安値だけが変化したり、価格が変動した分だけラインは垂直に移動しますが、価格が変動しなければラインは水平に移動するだけです。



それを40段階に分割して観察すると、1バンドの場合とは違ったラインを発見できるのです、
それは最大公約数的なサポートラインとレジスタンスラインです。


相場変動の中で、最大公約数的なサポートラインとは何でしょうか?
それを考えて頂くために動画では、言葉による解説を行っていません、これは一般公開していますので説明する必要も無いわけです。


指標の性能は、全て動画の画像に表示していますので、どのラインがどのような意味を持っているのかは自分で考えていただきたいと思います、

それでは、YouTube動画をもう一度ご覧下さい。