2016年7月4日月曜日

◆NTS-NZH分析システム解説(第十四回) FX取引だけでなく、人生の何事につけ”反省”の無い人間に進歩はありません。


◆NTS-NZH分析システム解説(第十四回)
◆FX取引だけでなく、人生の何事につけ”反省”の無い人間に進歩はありません。
如何に素晴らしい相場分析システムを手にしたところで、訓練と反省を怠る人間に進歩はありません。

NZH分析システムの売買訓練の中には、当分の間は0.01ロット取引を守りなさいという事と同時に、口座を破産させないためのリスク計算訓練、利益を取り逃がさないための訓練も含まれています。

FX取引に成功できない人の多くは、反省する事を怠っているという原因が多くを占めていると考えて良いでしょう。

FX取引で反省をするとは?どのことを指していますか?

貴方がBUYエントリーした時点での分析状態はどうだったのか?SELLエントリーの場合はどうだったのか?

複数の時間軸を本当にじっくり見て考えたのか?

そして、そのエントリーした場所はどこだったのか?記録していますか?

BUY又はSELLエントリーした場所を記録する、それは勿論、チャート上ですよね?
BUYかSELLの見分けがつく水平ラインを1本挿入すれば済む話です。

手仕舞いしたから終わり、損切を実行したから終わり、それでは反省の気持ちの無い証拠です。

売買を実行した場所を記入して、1日後、1週間後、1カ月後、H1又はH4チャートで眺めてみる、そうすると、自分の売買の失敗が見えてきます。

あの損切は間違っていた、そのまま1週間待てば、大きな利益になっていたのに・・・
あの手仕舞いは間違っていた、そのまま待っていれば、何倍もの利益を取る事ができたのに・・・

・・・そんなことをしても後の祭りだから何にもならない?

損金が利益になるのを待っていたばかりに、更に大きな損切をする羽目になったではないか・・・

そうやって自分に言い訳ばかりをしている貴方はFX取引は、一日も早くやめた方が良いでしょう。


何のためにテクニカル分析を学んでいるのか?
テクニカル分析が単に自分の欲望を短絡的に満たしてくれるツールだと勘違いしているのですよ。


だから、最初は勝ち負けにこだわるのをやめなさい、
高度な技術の訓練を完成させるための訓練と努力、それが、安い費用でできるので、0.01ロットを護りなさい、
と言う訳なのですが・・・


◆NZH分析システムでの売買訓練は、どこからでも始めることができますが、
せっかちな貴方の場合は、M1チャートとM5チャート比較によるスキャル売買から始めると良いでしょう。

少額でも利益が出たら素早く取り込む訓練を続けます、
M5チャートで上昇なら、M1チャートで下がりきるまで待ってBUYエントリー、利益がでたらすぐに決済
余計なことを考えずに、感覚的に進めることが重要です。

貴方の利益と同じ浦井の金額をスプレッドで納めることになりますが、それは仕方がないでしょう。

ここでは、余計な欲望を忘れて、ただひたすらに指標の命令のままに、機械的に行動する訓練が含まれています。

もう少し、もう少し、もしかしたら、もしかしたら、
そのような思いが、優秀なテクニカル分析ツールを、つまらない道具にしてしまっているのかも知れないのです。

一分足チャートで相場の全てを読み取る取引方法の完結

1分足チャートで相場の全てを読み取り なお且つ、完全な取引を進める売買手法 それでは、その手順を説明しましょう。 ◆1分足チャートに、1時間、4時間、24時間、のラインを描きます。 それはMAでも、EMAでも、上記時間区切りの平均価格、高値、安値、が判別できる...