2016年4月19日火曜日

◆NTSの新しい相場分析システムはNZシリーズと名付けられました。

◆NTSの新しい相場分析システムはNZシリーズと名付けられました。

NTSではなぜ10年以上もテクニカル分析にこだわって研究を続けているのでしょうか?

為替相場の変動を分析する場合に、テクニカル分析分野とファンダメンタル要素の分野に分けて考える理論もあるようですが、何か違和感を感じないでしょうか?

為替変動は毎日繰り返されていますが、その変動の中にはすでにファンダメンタル要素を含んだ売買行為によって相場が変動しているのです。

売買する側から見た相場変動とは、すべての経済的な要素を含んだ結果が相場変動であるので、テクニカル分析を正確に行う事が相場分析の全てであり、それ以外の要素は何もない事になります。

ただし、起こってもいない相場変動を予測したり占うという観点からみれば確かにファンだメンタル的な要素を考える必要もあるのかも知れません。

米国の雇用統計の発表が市場に及ぼす影響を研究し、それによって相場を予測し売買を行う手法もあるようですが、それはおそらく【占い】の域をでないものであろうと考えます。

今回のNTSのテクニカル分析ツールでは、時間軸の連携分析に重点を置いた予測システムとなっています。

売買のストレスを最小限にするための工夫を凝らし、損金なし、損切なし、ネガテイブゼロの分析を目指して完成した分析システムです。

仕上がった分析システムは現在7個のモニターで表示し実際の取引を進めていますので数週間後には、その性能が明らかになるでしょう。

http://forex.ryuuguu.net/



一分足チャートで相場の全てを読み取る取引方法の完結

1分足チャートで相場の全てを読み取り なお且つ、完全な取引を進める売買手法 それでは、その手順を説明しましょう。 ◆1分足チャートに、1時間、4時間、24時間、のラインを描きます。 それはMAでも、EMAでも、上記時間区切りの平均価格、高値、安値、が判別できる...